MTAL | Movies, TV and Life

Amazonプライムビデオのデメリット!

      2016/04/28

サービス開始から平日はほぼ毎日プライムビデオを利用している私が、Amazonプライムビデオのデメリットを挙げていきます。

契約が年契約

Amazonプライム会員の年会費は3900円ですが、月単位での契約ができません。月325円でNetflixのSD画質版の半額と言っても、一年間観ない時期もあるますし、やっぱり月単位の契約がしたいです。

海外ドラマラインナップ

Netflix人気のオリジナル作品がバンバンリリースされるわけでもないので、Amazonオリジナルであるトランスペアレント、モーツァルト・イン・ザ・ジャングルや、限定配信のMr.Robot、フィアー・ザ・ウォーキング・デッドあたりに興味がない方には物足りないラインナップになってしまうでしょう。

ダウンロードできない作品

NetflixやHuluにはない端末へのダウンロード機能ですが、対応していない作品が結構あります。フィアー・ザ・ウォーキング・デッド、THE KILLING、ホワイトカラーなどダウンロードして通勤中に観たかったのですが叶わずじまいでした。
DTVではほとんどダウンロードできると思います。

吹き替え版がないものが多い

Netflixでは字幕/吹替切り替えが視聴途中でもできるという素晴らしい仕様になっておりますが、Amazonでは、字幕版と吹替版は別作品のように扱われており、字幕版の隣に吹替版がいないので、気軽に音声が切り替えられません。しかも吹替版がないものも多いです


 

プライムビデオはAmazonプライムのオマケとして考えるといいかもしれません。

DTVのデメリットはこちら!

他の動画配信サービスのデメリットはこちらから!

 - Amazonプライム