MTAL | Movies, TV and Life

2015年エミー賞最多ノミノネート作品!アメリカン・ホラー・ストーリー

   

第67回プライムタイム・エミー賞最多ノミノネート作品、アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場をご紹介します。ゲーム・オブ・スローンズの7部門を抑えて、8部門ノミネートとなります。

ノミネート

全て限定シリーズ部門になります。
◆作品賞
◆主演女優賞
 ジェシカ・ラング(団長エルサ・マーズ役)
◆助演男優賞
デニス・オハラ(詐欺師スタンリー役)
フィン・ウィットロック(マザコン殺人鬼ダンディ役)
◆助演女優賞
アンジェラ・バセット(胸が3つの方)
サラ・ポールソン(頭が二つの方)
キャシー・ベイツ(ヒゲのおばちゃん)
◆監督賞
ライアン・マーフィー

設定

今回ノミネートされたのはシーズン4の「怪奇劇場」です。
アメリカン・ホラー・ストーリーはシーズン毎に舞台、時代が変わり、キャラクターが総入れ替えします。キャラは変わっても役者はだいたい同じメンバーです。なので、ジャンルがホラーということもあり、シーズン途中でお亡くなりになったキャラクターを演じていた役者もシーズン2にも出ることが可能です。

ライアン・マーフィー

gleeや、エミー賞の作品賞を受賞したノーマルハートなど手掛けたプロデューサー/監督です。マイノリティを扱った作品が多く、自身もゲイであることを公表しています。売れっ子プロデューサーです。

副題

シーズン1:呪いの館
シーズン2:精神病棟
シーズン3:魔女団
シーズン4:怪奇劇場
シーズン5:ホテル

出演者

アメリカン・ホラー・ストーリーシリーズにはノミネートされた俳優の他にも、エヴァン・ピーターズやエマ・ロバーツ、タイッサ・ファーミガなど若手俳優も出ています。
これから放送されるホテルは、マット・ボマーがレディ・ガガがレギュラー出演となるようです。楽しみですね。

 - 海外ドラマ