MTAL | Movies, TV and Life

「X-MEN アポカリプス」には海外ドラマでお馴染みの俳優も大活躍!

   

109シネマズで全国一斉に行われた「X-MEN アポカリプス」の試写会に行ってきました!海外ドラマでお馴染みの俳優が三人ほど活躍しておりましたので、ご紹介します。

ソフィ・ターナー

彼女はゲーム・オブ・スローンズのサンサ・スターク役の女優です。ジーンという重要な役を演じています。
ジーンといえば、旧三部作のヒロインで、X2のラストで非業の死を遂げ、続くラストスタンドではフェニックスとして全てを塵に変える化け物としてラスボス化し、ウルヴァリンに退治されました。そして前作フューチャーパストで書き換えられた未来において、ラストスタンドの話が無かったことになり、スコットとできててハッピーエンドになりましたね。前作までファムケ・ヤンセンが演じていました。
前作フューチャーパストでは、ゲーム・オブ・スローンズからティリオン・ラニスター役のピーター・ディンクレイジも出演してましたから、監督のブライアン・シンガーはゲーム・オブ・スローンズ好きなんじゃないかと勘ぐってます。次はジョン・スノウあたりが出てほしいなー。

エヴァン・ピーターズ

アメリカン・ホラー・ストーリーでお馴染みの若者ですね。幽霊だったり、殺人鬼だったり、ゾンビだったり、化け物だったりの彼です。クイックシルバーを演じています。
前作では見せ場が一つあり、最高のシーンだったのですが、それ以降はX-MENに同行しなかったため活躍はあまりしませんでした。今回も最高の見せ場が用意されていましたが、さらにその後も出続け、敵と対決までする大活躍!ファンも大満足でしょう。

ローズ・バーン

ダメージのエレン役でお馴染みの彼女ですが、ブライズメイズ、インシディアス、SPYなど大ヒット映画に出てて、ドラマ女優というイメージは薄いですが、個人的にはやっぱりエレン・パーソンズの印象が強いです。
ファーストクラスでヒロインのCIA捜査官を演じた後、フューチャーパストには出演していなかったので、もうX-MENには出ないんだろうなーと思っていたところのサプライズ出演。この作品とファーストクラスを繋ぐ重要な役どころです。


 

ドラマファンは、ハマったドラマに出演していた俳優が映画に出ているとテンション上がってしまいますよね。映画とは違いドラマは、多くの時間、期間で観ますから、親近感が沸くのではないでしょうか。

 - 映画の感想, 海外ドラマ