MTAL | Movies, TV and Life

まさに最新映画を自宅で。ヒットマンズ・ボディガードをNetflixで観た。

   

Netflixでヒットマンズ・ボディガードを観た。コメディ寄りのアクション映画ということで、何も考えずただ楽しめればOKな作品となっている。

すごいのは、日本でのNetflixでの公開日が、全米”劇場”公開日のたったの一週間遅れであるということだ。まさに最新映画が自宅で楽しめるのである。しかも、全米No.1も獲得。Netflixの会員であることの優越感を存分に味わえるものとなっている。

ちなみに、公開二週目の興行収入は1000万ドル程でNo.1となり、直近15年の全米一位の中でワーストだとか。

キャスト

デップーさんことライアン・レイノルズ。68才のサミュエル・L・ジャクソン。この二人が主演。悪役はゲイリー・オールドマン、サルマ・ハエックがサブヒロインという、サミュエルと3人で90年代のアクション映画っぽい配役になっている。

注目なのはヒロインのエロディ・ユン。Netflixユーザーならお馴染み、デアデビルのエレクトラである。Netflixに好かれてるようだ。

感想

サミュエル・L・ジャクソンの魅力全開の笑える映画だった。以上。

 - Netflix