MTAL | Movies, TV and Life

今までダニエル版ボンドが台無し!?スペクターの感想。

   

東急レクリエーションの株主優待を利用して、109シネマで「007 スペクター」を鑑賞してきましたので、その感想です。
ネタバレ度:高&ネガティブ意見が多いのでご注意ください。

楽しめなかったところ

ボンドの行動が行き当たりばったりに思えてなんか冷めました。
砂漠で悪い奴に捕まってしまうのも特に抵抗もせず、あっさり捕まったように見え、施設を爆破して逃げることも計画されていた訳でもなく、偶然逃げることができたって感じです。

私は「トゥモロー・ネバー・ダイ」あたりから、007シリーズを欠かさず映画館で鑑賞してきたのですが、ピアース・ブロスナンより前の007をほとんど観てことがなかっので、スペクター公開前に少し観てみました。「ドクターノオ」「ロシアより愛をこめて」などです。古い作品なのでアクションなどもあまり楽しめず、気になっていた組織・スペクターも「オースティン・パワーズ」に出てきそうな間抜けな組織に見えました。「幹部がミスを犯すと落とし穴に落とされる」みたいな。古い作品なのでしょうがないということは重々承知なのですが、最新作でその間抜けな雰囲気まで受け継がれちゃってたのが残念でしたね。例えば、あの集会は同じ場所に集まってやる意味なんてないてすよ。しかもセキュリティーがあまいし。
カジノロワイヤルでは新しいボンドにワクワクして、最後の最後に流れるテーマ曲に熱狂したもんでしたが、今回は冒頭から往年のボンド全開でイマイチ乗り切れませんでした。私にはチラ見せ程度がちょうどいいみたいです。

それととても嫌だったのは、プロフェルドが「ル・シッフルやシルヴァは俺が裏で操っていたのだよ」とか言うところ。シルヴァのキャラクターは好きだったのにあのマヌケの部下だったと聞いてガッカリです。このセリフで今までのダニエル・クレイグ版ボンド作品が台無しになった気さえします。ディレクターズカット版があるのならあのセリフを削って欲しいです。「シルヴァ」って言葉だけでも…
クリストフ・ヴァルツが好きじゃないから余計にそう思えたのかもしれません。ちなみにハビエル・バルデムとマッツ・ミケルセンは大好きな俳優です。

良いところ

良いところも言っておきます。
冒頭の長回し&アクションはとても楽しめました。
あとレア・セドゥやアンドリュー・スコットを起用した点もいいですね。アンドリューはシャーロックのモリアーティ役で人気の俳優ですね。ただ、モリアーティも裏で操ってた系だったので、それを思い出すと、プロフェルドの裏で操って感はとてもチープに思えますね。
基本的にクリストフ・ヴァルツ以外の配役はとても好きです。

それでも気になる次回作

ダニエル・クレイグ版ボンドはあと一本製作されるという噂ですが、物語的には完結しちゃってる気がしますので、どういうストーリーになるのか気になりますね。

 - 映画の感想